マタニティフォト/東京・横浜・名古屋ロイヤルカイラ フォトスタジオ

Maternity photo

Maternity photo


マタニティフォト

愛しいわが子の命がお腹の中に宿ると言う神秘的な奇跡。
長い人生の中で、自分と子どもが1つの身体でいられるのは、たったの10ヶ月ほどです。そんな大切で愛おしい時間をプロカメラマンの手により、写真に残しませんか?
マタニティフォトは、妊婦になった記念として一生残る素敵な写真を撮影致します。妊娠線が気になってしまうと悩まれる方もいるでしょう。しかし、プロによるスタジオ撮影なら、美しさを引き出した素敵な写真が出来上がりますので、ご満足頂けること間違いありません。
もちろん、お洋服で妊娠線を隠して撮影することも可能ですのでご安心下さい。



マタニティフォトのおすすめ時期は?

妊婦になると女性の身体は、日々変化していきます。
少しずつ膨らんでいくお腹、顔つきは次第に優しい母親の表情へ。安定期に入ると、肌はなめらかに、髪は艶やかになり、最も女性らしい美しい姿で輝くのです。その神秘的で愛おしい変化を撮影し、記録に残す方が増えています。
妊娠期間は、約10ヶ月。出来れば、妊娠初期、中期、後期と、変化を撮影したいものですが、マタニティフォト一番のおすすめ撮影時期は、お腹が大きくなって安定期に入った後。
8ヶ月目あたりに撮影される方が増えています。

マタニティフォトをお子様に

マタニティフォトは、女性の一瞬のイベントを美しく切り取ってくれます。主役は妊婦である母親であり、お腹の中にいる赤ちゃん。出来上がったお写真は、産まれた赤ちゃんが成長したら見せてあげて下さい。
「このお腹の中にいたのがあなたよ」と教えてあげれば、写真を通して母親との結びつきを感じ、愛されている実感へと繋がります。そして、女の子ならいつの日か自分のお腹の中に命が宿る日のことを想い、男の子なら自分が結婚して妻となる人を支えていきたいと自然と感じる事でしょう。



ベリーペイントはこちら